GRACHAN42×GLADIATOR011 大田区産業プラザPIO

GLADIATOR 009 in OSAKA

開催名 GRACHAN42×GLADIATOR011 
日 時 2019年12月22日(日) 開場12:30 開始13:00
会場 大田区産業プラザPIO
東京都大田区南蒲田1丁目20−20 ※京急蒲田駅東口から徒歩3分
http://www.pio-ota.net/access/
主催 GRACHAN実行委員会/ GLADIATOR実行委員会
問い合わせ (株)Gグローバル
GRACHANホームぺージ /TEL/03-5962-7579
【チケット料金共通】
【チケット販売】 VIP席:20,000円 RS席:10,000円 S席:8,000円
自由:6500円 ※当日1,000円UP/ドリンク代500円※未就学児は保護者膝上に限り無料
チケット販売: e+ (イープラス)
(パソコン&携帯)、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・サークルK・サンクス・ペイジー対応ATM 各店 出場選手所属ジム など
●㈲櫻井GLADIATOR事務局 
TEL:090-8659-0945/FAX:073-427-2600 
https://gladiator-fc.com/
※出場選手は、怪我等の理由により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。 
GLADIATOR Facebook : https://www.facebook.com/GLADIATOR-482483195270350/ 
GLADIATOR Twitter : https://twitter.com/GLADIATOR_MMA_?s=09
GRACHANホームぺージ : https://grachan.jp/



各メディアで掲載いただいています。


■イーファイト様 ホームページ

●【グラチャン】元DEEP王者・桜井隆多が逆転一本勝ち、GRAND王座獲得
https://efight.jp/result-20191222_385947


■ゴング格闘技様 ホームページ

●【GRACHAN×GLADIATOR】絶体絶命のピンチから逆転の腕十字、桜井隆多が48歳で2団体制覇
https://gonkaku.jp/articles/2683


■バウトレビュー様 ホームページ

●GRACHAN×GLADIATOR 12.22 大田区産業プラザPIO:桜井隆多、ルクク・ダリに逆転一本勝ちしGRANDウェルター級王者に「48でも、やる奴はやるんで」
http://www.boutreview.com/3/reports/item_34673.html


■MMAPLANET様 ホームページ

●【Grachan42 X Gladiator011】大会情報多数アップしていただいています。
http://mmaplanet.jp/tag/gladiator011



対戦カード


第14試合 メインイベント3

GRANDウェルター級タイトルマッチ 5分3R

× ルクク・ダリ

TRI.H studi
初代GRANDウェルター級王者
76,1kg

挑戦者:桜井 隆多

R-BLOOD
第2代DEEPミドルチャンピオン

2R 2’56” 腕ひしぎ十字固め
※桜井が王者に


1Rは終始スタンド勝負。ダリがプレッシャーをかけ、リーチ差を活かし右ストレートを随所で当て、中盤過ぎには右アッパーでひるませ、パンチラッシュで追い詰める。
2Rもダリが随所でパンチと蹴りを当て、桜井を苦しめる。桜井のセコンドの川尻達也からもタックルの指示があり、桜井はダリを金網に押し込むが、鼻血を出し、少し苦しそうで、ダリは耐えて突き放す。ダリがパンチラッシュで攻めると、タックルを仕掛けて来た桜井を潰し、ダリはパウンドラッシュで仕留めにかかる。だが桜井は下から素早く足を動かしつつ、パウンドを落とすダリの腕を捕まえ十字を仕掛ける。そのまま引っ繰り返して上になると、最後は伸ばしきりタップを奪った。
見事な逆転勝ちを果たすと、地元・茨城から来た応援団だけでなく、他の客も大盛り上がり。ベルトを巻いた桜井は「48(歳)でも、やる奴はやるんで。やりました」と、試合前の紹介VTRと同じ言葉を口にしながら笑みを浮かべ、「今年はこれで気分良く年を越せそうです。嫁に感謝しています。川尻、セコンドありがとう。R-BLOODのみんな、ありがとう」と話し、最後は「まだまだできると思うんで」と話した。



第13試合 メインイベント2

GRACHANライト級タイトルマッチ 5分3R

山本 琢也

パラエストラ千葉
第2代GRACHANライト級王者

× 植田 豊

リバーサルジム新宿Me,We

2R 4’34” TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※山本が初防衛


1R、山本の投げに対処していた植田が左ストレートを当てるが、直後に山本が右ストレートを当て返すと、植田がダウンする。山本はパウンドラッシュでレフェリーストップ寸前まで追い詰める。 2Rも山本が上からパウンドと肘を当てて追い詰める。だが耐えた植田は脱出して上になり、パウンドを返して巻き返す。終盤、スタンドに戻ると、植田は右ハイを当てるが、山本はもらいながらも押し倒すと、上からパウンドを当て続け、ダメージが大きいと見た梅木レフェリーがストップした。



第12試合

GRANDウェルター級王座次期挑戦者決定戦 5分3R

長岡 弘樹

DOBUITA
第6代DXFCウェルター級王者

× ウィル・チョープ

アメリカ

判定3-0 (梅木29-28/小池29-28/出口29-28)


1R、長岡が最初のタックルで倒し、最後までトップをキープする。パウンドは少なく、チョープも下から肘を狙うが、お互い有効打は乏しい。2Rも同様に長岡がトップコントロールを続ける。
3R、チョープは組まれる前に組み付き、オンブからバックを奪うが、長岡が振り落として、これまで同様にトップキープする。しかしチョープは脱出すると、バックを取って裸絞めを狙い追い詰める。最後は長岡がトップを取り返し終了する。3Rはチョープがポイントを取ったが、2Rまでのポイントを取った長岡が判定勝ちした。



第11試合

GRACHAN フェザー級 5分2R

小島 勝志

STYLE PLUS GYM

チー・オンアン・ディタン

Hybrid MMA & Fitness/香港

判定0-0


1R、タンがバックを奪い、裸絞め、パウンドで追い詰める。小島は耐えて上になり、パウンドを当てて挽回する。だが終了間際、小島が立ち際に、膝立ちのタンの顔に膝蹴りを入れる反則を犯し、イエローカードをもらってしまう。2Rはタンがグラウンドで裸絞め、腕十字等でチャンスを数度作るが、打撃が少なく、ドローに終わった。



第10試合

GRACHAN バンタム級 5分2R

× 坂巻 魁斗

BRAVE
元ZSTフライ級暫定王者

獅庵

パラエストラ大阪
※初参戦

2R 0’00” TKO
(ドクターストップ:右フックによる左まぶたの負傷)


1R、スタンドの打撃戦が続き、獅庵がフェイントやジャブを駆使しつつ、右のパンチを的確に当て続け、坂巻のタックルも切り続ける。坂巻は左まぶたが腫れており、2R開始直後のドクターチェックでストップがかかった。



第9試合 メインイベント1

GRANDフライ級王座決定戦 5分3R

松場 貴志

ALIVE
第2代GRACHANフライ級王者
56,65kg

× NavE

Grand-Square
第3代GLADIATORフライ級王者

判定3-0 (小池=松葉/出口=松場/山崎=松葉)


1R、両者サウスポーに構え、松場が打ち合いでのカウンターのパンチ、押し込んでからの右肘を的確に当ててやや優勢。
2R、松場の左フックで、NavEが右まぶたをカットし、ドクターチェックを受ける。再開後、大差は無いものの、NavEが右フック、右ハイを随所で当てて巻き返す。3Rもスタンドの打撃戦が続く。お互いローブロー、サミングの反則もあり、攻防が寸断され、決め手に欠けるまま終える。
とはいえ松場のほうが有効打が多かったのは明らかで、松場が判定勝ちでGRAND初代王者に。カナダのTKOとも契約中のため「このままGRANDの価値を上げて、海外でも活躍したいです」と宣言した。



第8試合

GLADIATOR フライ級 5分2R

宮城 友一

DROP
第2代GLADIATORライトフライ級王者

× 石綱 テツオ

ISHITSUNA MMA GYM

判定2-1



第7試合

GLADIATOR ライトフライ級 5分2R

若林 耕平

コブラ会

児玉 勇也>

とらの子レスリングクラブ
トイカツ道場

判定1-1



第6試合

GRACHAN バンタム級 5分2R

伊藤 空也

BRAVE

× 山内 雄輔

RISINGSUN
※初参戦

判定3-0



第5試合

GLADIATOR キックルール スーパーヘビー級 3分3R

× 楠ジャイロ

TEAM JAIRO/IKC無差別級チャンピオン/元 J-NETWORKチャンピオン/ブラジル

内田ノボル

翔拳道/元MA日本&新日本ヘビー級王者王者

1R 終了時 TKO



第4試合

GLADIATOR バンタム級 5分2R

× 大前 健太

創道塾

道端 正司

ストライキングジム アレス

2R 4’21” 裸絞め



第3試合

GRACHAN バンタム級 5分2R

松本 尚大

拳心會

VS

× 奥野 真利

フリー

1R 1’46” TKO



第2試合

GRACHAN フライ級 5分2R

× ねこ☆佐々木

マルワジム横浜

宮内 拓海

TMCジム

1R 3’24” 裸絞め



第1試合

GLADIATOR フェザー級 5分2R

× ワタナベ関羽マサノリ

ALIVE

チハヤフル・ヅッキーニョス

MIBURO

2R 2’25” TKO



  • トップ
  • GLADIATORとは
  • 大会スケジュール
  • チャンピオン
  • ランキング
  • オフィシャルルール
  • 選手紹介
  • CEO・役員ご挨拶
  • 試合結果
  • オフィシャルスポンサー
  • 関連リンク
  • お問い合わせ
GLADIATOR Facebook
GLADIATOR Twitter
GLADIATOR YouTube
BODYMAKER @bodymaker82 TWITTER
GLADIATOR YouTube
GLADIATOR -PROFESSIONAL MIXED MARTIAL LEAGUE-
〒640-8124
和歌山県和歌山市雄松町2丁目3-2
Copyright © GLADIATOR All Right Reserved.